Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

「WordPressの記事投稿で集客効果をアップしよう②」の続きになります。

④本文の作成について

WordPressの記事投稿で集客効果をアップしようテキストを太字にしたり色をつけたりするための編集には『TinyMCE Advanced』プラグインを利用すると良いです。

実際にこのプラグインを入れてみたところ、とても記事が書きやすくなりました^^

次に、本文を入力する時に守ってほしい大切なルールをご紹介します。

本文を書く時に、まず絶対に守ってほしいルールは、

  • 見出しタグを適切に使うこと
  • モアタグ(「続きを読む」タグ)を使うこと
  • 画像サイズの最適化と ALT タグの設定

の3つになります。

これらのルールを守って投稿することで、サイトのSEO効果を改善することができます(細かな積み重ねですね)。

 

見出しタグを正しく使うこと

見出しタグを適切に使うことで、検索エンジンがページの内容を理解するのに役立ちます。また、見出しタグで囲まれたテキストは、普通のテキストよりも大きく表示されるので、デザイン面でも、ページ内の重要なポイントがどこに書かれているのかが分かりやすくなります。

見出しタグのルールとしては

  • 見出し2 (h2) から使うこと
  • 見出しタグの順番に気をつけること

の2つになります。

見出し2 (h2) から使うことについてですが、見出し1(h1) は記事タイトルに使われています。通常、見出し1はひとつのページにひとつになっています。そこで本文中では、見出し2(h2)から使うようにします。

次に、順序が逆にならないようにします。まず見出し2を設定して、次に見出し3というようにします。

もし、h2の後にh4が来て、次にh3が、、、というように見出しタグの順序が滅茶苦茶になっていると、Googleのクローラーやランキングエンジンがコンテンツの内容を判断する時に迷うので、SEOで悪影響になってしまうのです。

モアタグ(「続きを読む」タグ)を使うこと

モアタグを挿入するとどうなるかというと、トップページで表示するコンテンツを区切り、「続きを読む」という文言で記事へのリンクを設定することができます。

ユーザが読みたい記事を探すのに全文が表示されていては探しづらいですね。そこの配慮になります。

画像を挿入する時の ALT タグを設定すること

ALT タグは画像に設定できるタグのひとつです。

検索エンジンは、記事内に挿入されている画像の内容までは理解することはできません。が、ALTタグを設定することによって、その画像がどういう画像なのかを伝えることができます。

そうすることで、検索エンジンがそのコンテンツ内のテキスト情報だけでなく、画像も含めて、そのページ全体をより正確に評価できるようになります。特に、画像がメインのコンテンツの場合は、ALTタグの有無によって上位表示の可能性が大きく左右されますので注意しましょう。

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ReClearのオススメするコンテンツはこちらから

女性に嬉しいWeb通信

メルマガ読者限定の特典あります。
お名前とメールアドレスを入力してボタンをクリック!
お名前(姓名)
 
メールアドレス

女性起業家・女性経営者様へ

もう、ホームページのことで悩まない!ホームページ制作も運営もまるごと丸投げ!
もう、ホームページのことで悩まない!ホームページ制作も運営もまるごと丸投げ!